2020年05月11日

備忘録

司馬遼太郎著 「街道をゆく 12 十津川街道」 興味深い表現があったので覚え書きとしてここに書きとめる。

曰く
「旧制中学の生徒監を連想させる東条という人間の、これが一国の首相かと思われるほどおろかな声、内容、陳腐な言葉の羅列による演説が、いまでいえばちょうど葬儀屋のスピーチとおなじメリハリの調子でもってラジオ放送されていた。」

中段は80年後の総理にもぴったり当てはまるな、と思った次第。
彼は生徒監は連想させんな。
軽い、実に軽い。ずるい、実にこずるい。
生徒監ににらまれるタイプ。

この記事へのトラックバックURL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
kabuto1