2020年06月30日

6月終わり

いやはやな2020年上半期でしたな。
備忘録として。
1.香港問題
主に欧米からさんざん非難されていますが、そうは言うてもなあ。アヘン戦争で分捕った香港を返したのは当たりまえやし、それに注文をつけられるのかよお前らどんな面の皮やねん、とは思います。中共を清国の正当な末裔と見なしているなら、ですが。要するに中共本土と香港を同じ扱いにするということでしょう。香港問題を非難するなら、中共本土の政策そのものを非難しないとつじつまが合わないのやないですか。
2.人種差別問題から発展した西欧諸国での古偉人銅像引き倒しなどについて
米国では南軍の旗なんかも問題にする勢力がいるみたい。自衛隊の旭日旗にいちゃもんをつけるあの国がもうじき尻馬に乗って騒ぎ出すであろうな。
3.東京のコロナ患者増について
「プリンシプルのない日本」とは、一頃えらい持ち上げられた白洲次郎氏の著書。まさにプリンシプルのない行きあたりばったりの政策をとる東京都知事と日本政府は、ご都合主義そのもの。余談ですが白洲次郎氏はとんだ利権屋、クワセモンやったという言説もぽろぽろ出ているね。ここ数年。あの下山事件に一枚かんでるとか、敗戦国の重要産業を外国資本に売り飛ばして莫大な手数料を得るとかね。利権を追い求めるプリンシプルは一貫しとったんかね。
4.北の若大将
若大将がめっきり出てこなくなりました。やっぱり再起不能なのでしょうなぁ。
5.コロナ禍
英国みたいに詰まなかった日本は今後が心配。まだ本気の危機を味わっていないから、一周遅れでそうなったときに無能政権が発狂しそう。第一次大戦で欧州の破滅をよそにうまい汁を吸って、近代戦を理解しないまま第二次大戦に突っ込んで詰んだのと似たことに。

この記事へのトラックバックURL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
kabuto1