2020年07月03日

ナチスの再来

米国税関にて中共から輸入された人毛製品が摘発されたとの外電あり。
中共がチベット人やウィグル人を激しく弾圧していることは周知であるが、まことに薄気味悪いことにこれはウィグル人の頭髪から作られたもの也やと。真偽はともかく、このニュースは中共にとって、香港問題に輪をかけた致命的なダメージとなろう。否、それを狙った摘発と考えるのが至当であろう。
欧米人がここから連想するのは必ずやナチス絶滅収容所である。ナチスはユダヤ人を絶滅させるだけでなく、余すところなく利用するために人間資源とし、金歯を抜き取り国庫に入れ、頭髪をカーペットにし、脂肪から石鹸を作るという、収容所での悪魔の所業が良く知られる。
ウイグル人再教育施設の外観がインターネットに上がっているが、その門は例のアウシュビッツの有名な門、上に「arbeit macht frei」と掲げたあれに露骨にそっくりではないか。
その施設ではウィグル人の絶滅を図った不妊処置や様々な暴力が行われているという。これはナチスのT4作戦を彷彿とさせる。いよいよ中共は本性を隠すのをやめた。
中共に支配されるとどんな目に合わされるか、肝に銘じ腹を決めぬといかん。中共のトップすなわち現代のヒトラーを国賓にしようと謀っていた政治屋どもは万死に値する。それを後押しし続けてきた、中共を甘やかし怪物化させるのに一役買った財界/産業界のトップども、爆買いなぞと喜んでいた商人どもの責任も重い。
米国はいよいよ中共を許さぬ腹を決めた也や。我が国はどっちにつくか、間違えると待っているのは再度の敗戦である。

この記事へのトラックバックURL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
kabuto1